社長メッセージ


創業100年という節目に向けて、共に成長できる人材を求めています



90年以上にわたる、長い挑戦の歴史

1925年の創業以来、私たち大和鋼業はずっと鉄にこだわり、鉄にかかわり続けてきました。

鉄は「産業のコメ」とも言われており、社会や暮らしにおいて無くてはならないもの。長きにわたる活動のなかで、私たちは「鉄を通して社会の発展を支えてきた」との自負を持っています。

しかし歴史のある会社だからといって、時代の変化を先取りながら新たなチャレンジをしていかない限り、成長し続けることはできません。創業からの長い年月は、挑戦の歴史でもあります。



前向きで、異なる個性を認められる人材を求めます

私たちが求める人材。それは、次のようなものです。

  1. 自ら目標を立てて、達成に向けて努力できる人
  2. 問題が発生したとき、解決に向けて努力できる人
  3. 周囲を理解し、コミュニケーションがはかれる人

会社としての目標、部門としての目標、そして個人としての目標が、同じベクトルを向いていれば、一人ひとりの成長が会社を成長させるための大きな力となります。そして会社が成長することによって、個人が成長するチャンスも広がっていきます。

また問題が発生したときに自らその原因を探り、対処法を考えていくことで、問題の再発を防ぎ、より質の高い仕事ができるようになります。問題を乗り越えることは、個人を、そして会社を成長させる原動力となるのです。

さらに会社は、生まれや育ち、文化や思想などさまざまな個性を持った個人の集合体。自分と異なる個性を認め、互いに尊重しながら働くことで、それぞれが補完し合い、一人だけではなしえなかったことができるようになります。それが本当のコミュニケーション能力だと私は考えています。



さまざまな改革を通して、共に成長していきましょう

私たち大和鋼業は今、創業100年に向けてさまざまな改革に取り組んでいます。そして社員一人ひとりが生き生きと働くことが、より多くのお客様のご期待にお応えすることに繋がると信じています。

経営ビジョンに掲げる基本理念「社員が生き甲斐を感じて働ける鉄鋼業界に必要不可欠な企業」に向けて、共に成長する意欲を持った方のご応募を、心よりお待ちしております。



大和鋼業の経営ビジョンと活動

大和鋼業株式会社では、図のような経営ビジョンを掲げ、より良い企業となるためにさまざまな活動を行っております。

革新活動
大和鋼業では、職場内で小グループを編成し、安全、環境、品質、業務効率などのさまざまなテーマを数値目標として掲げ、改善活動を推進し、年に1度、成果発表会を行っております。

カイゼン(改善)・ヒヤリハット提案
日常業務中に気がつく閃きや危険予知を提案として受け付け、改善のきっかけにしています。効果の高い提案には等級に応じた報奨金が授与されます。

全社集会
夏と冬の年間2回、大和鋼業の全従業員が集う会が開かれます。夏は会社方針の発表、冬は小集団活動の発表会です。ミニゲームなど楽しみながら取り組むことのできるプログラムにより結束力を高めています。