製造 R.H

できることが増えていく、自分の成長を実感できる仕事です


R.H
製造部 富田林工場
2014年入社 工業高校メカトロニクス科卒業


高校時代から形が見える、モノづくりの仕事がしたかった  

工業高校に通っていたので、その頃から漠然とモノづくりに携わりたいな、と考えていました。でも、流れ作業のなかの一部をやるような仕事ではなく、できればもっと形が見えるような、一通りの工程を一人でできる職人的な仕事に憧れがありました。

そんなときに、ちょうどこの大和鋼業の求人票を学校で見つけたので応募することにしたんです。金属の加工について知識はあまりなかったのですが、フォークリフトや電車などを構成する部品を製作する仕事もあると聞いて、「これだ!」と思いましたね。  



初めての工程でも、不安を感じずに挑戦できる職場

今は主にフォークリフトの部品を形にしています。図面を見て、素材となる金属の形状を整え、組んでみて問題なければ次の工程に移る準備をします。

途中、迷ったり、やり方がわからなくなったら、先輩や上司に気兼ねなく相談できます。みんな気さくに説明しながら手伝ってくれたりするので、一人で抱え込んで悩むことはありません。だから、それまでやったことがないような初めての工程でも、不安を感じずに挑戦することができます。

自分の周りにいる人は年上の人ばかりなのですが、接しにくいとか厳しいという雰囲気ではなく、むしろ「こいつを一人前にしてやろう」という温かさを感じます。自分に「成長したい」「もっと上手くなりたい」という気持ちさえあれば、それに応えてもらえる職場です。  



目標となる先輩を追いかけ、いつか自分も後輩を育てられるようになりたい

今年で4年目を迎えたのですが、できることが増えてきて自分の成長を実感しています。大きな部品を一人で組み上げてしまう先輩たちを見ていると、「自分はまだまだだな」と思うと同時に、いつか自分もああなりたいという気持ちも湧いてきます。

自分に後輩ができたときには、自分がそうだったように後輩のやる気を起こさせ、憧れられるような仕事ができるようになりたいと思っています。

自分の手でつくったものが形になるという仕事は、日々成長していることが感じられるものです。一人で色んな工程をこなすというのは責任重大ですが、それをフォローしてくれる環境がここにはあります。一人でも多くの後輩に、僕が感じているこの楽しさを共感してもらいたいですね。